SSブログ

芝田山親方と子供たちで作るクリスマスケーキ★ [お菓子・スイーツ]

こんにちは。ちょこアゲ編集部です。

12/12(土)に日本女子大学で行われた、
スーパーサイエンスキッズ主催のワークショップに行ってきました。
「味覚のスペシャルワークショップ」~味覚の謎に迫り、
おいしいクリスマスケーキを作ろう!~というテーマのワークショップで、
午後の部に、“スイーツ親方”として有名な芝田山親方(元横綱大乃国)が
子どもたちと一緒にクリスマスケーキを作る―というイベントに参加してきました。
ここでは芝田山親方とのクリスマスケーキ作りの模様をお送りします。

■クリスマスケーキ作りスタート!

マイエプロン持参の親方!
01.jpg

○ジェノワーズ(スポンジ)を作る
ボールに卵を割りいれ、グラニュー糖を加えて泡立て器でよく混ぜます。
さらにハンドミキサーを使って、落ちた生地で8の字が書ける位までよく泡立てます。
そこに、薄力粉、溶かしたバター、牛乳を加え、均一になるように混ぜ合わせ、
均一になるように2~3回に分けて、型に生地を流し入れます。

ハンドミキサーで生地を混ぜ合わせます
02.jpg

均一になるように、型に流し入れます
03.jpg

○オーブンで焼く
170度に余熱しておいたオーブンに入れて、約10分ほど焼きます。
だんだんおいしそうな匂いがしてきました~。

焼きあがり前
04.jpg

焼きあがり後
05.jpg

オーブンから取り出したら、熱がとれるまで冷まします。

○ホイップクリームやフルーツで飾り付け
スポンジの熱が冷めたら、いよいよ!飾り付けです。

スポンジを横半分にスライスして、
06.jpg

シロップ、生クリームを塗ってフルーツをはさみます
07.jpg

生クリームを絞る手つきも手慣れた感じ
08.jpg

キレイな波模様ができていきます
09.jpg

好きなフルーツやクリスマスオーナメントを飾り付けます
10.jpg

真剣です!
11.jpg

親方は、手慣れた感じで手際良くホイップクリームを準備して、
器用に飾り付けをしていました。
子供たちも、ややあぶなっかしい手つきでフルーツを切り、
スポンジにはさんだり、上にのせたりと、楽しそうに飾り付けを行っていましたよ。

○できあがり
ジャーン!完成です。
こちらが芝田山親方の作ったクリスマスケーキです。
いちごの飾り付けが花びらが開いたようでキレイですね。

満足げな親方
12.jpg

おいしそう~
13.jpg

こちらは、今回のワークショップに参加した子供たちが作ったケーキです。
みんな上手にできました!!
この後、試食もしたのですが、予想以上においしかったです。

14.jpg
15.jpg
16.jpg
17.jpg

今回のケーキ作りは、できあがりまで大体2時間ほど。
小学生の子供たちでもとても上手に作れました。
特に飾り付けは、みんな楽しそうに、夢中になって行っていました。
いちごなどのフルーツの他に、サンタやツリーのオーナメントをのせると、
ぐーっと華やかになりますね。
ケーキを自分で作るなんて、大変そう・・と思っていましたが、
実際に目の前で子供たちが作るのをみると、意外とできそうな気がしました。
家族や友達とわいわいと作るのも楽しそうですね。
クリスマスだけでなく、お誕生会や、
ちょっとした集まりやパーティーで試してみてはいかがでしょうか。

※NPO法人スーパーサイエンスキッズ http://www.supersciencekids.com/
子ども達の創造性を伸ばし、科学的な思考力を育て、
「何かを発見し、創造すること」の面白さを楽しみながら、
学んでもらいたいという趣旨のもと、ワークショップやイベントを実施しています

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。